白内障と緑内障の併発について

白内障と緑内障は、とも高齢になるとかかり易く罹る目の病気だ。
白内障は、水晶体が白くにごって目が思えがたくなる病気で、主な原因は老化によるもので、80代の滅多に100%が白内障だ。
一方、緑内障は眼圧が出るため視神経に障害が起こり、視野が欠けたり小さく陥る病気ですが、発症原因は患者によって様々で、多くの原因は老化と考えられますが、白内障が原因で緑内障になるケースもあります。
?
白内障は水晶体の劣化や変異で視力や視界に異常が見られます。水晶体の劣化は主に白濁ですが、水晶体が分厚くなることもあります。水晶体が分厚くなると、房水の出入り口です隅角(ぐうかく)を塞でしまい、結果眼圧が高くなり、緑内障(閉塞隅角緑内障)へと繋がります。そのため白内障の診断ところ緑内障であることが分かることもあります。

閉塞隅角緑内障になると、太くなった水晶体を人工の眼内レンズに引替える白内障手術を行うのが一般的ですが、これで房水の流れがよくなるので、専ら緑内障の手術に代用することがあります。
緑内障の進行状況によっては、眼内レンズ以外にも、隅角の癒着部分を改善する手術を施すこともあります。

緑内障は40歳を超えると発症リスクが急激に目立ち、白内障は50歳頃から同様に発症リスクが増えます。そのため60から70歳に達する頃には、白内障と緑内障を併発やる人も多く見られます。

白内障も緑内障もとにかく発症してしまうと目下加療はありませんが、早期発見するため、点眼薬において進行を遅らせることは可能です。
また、緑内障を完治させることはできないので、発症してしまったら一生付き合って出向くしかないのですが、白内障については、加療はありませんが、外科的手術により視力の回復が見込める。白内障手術は眼科手術の中でも安心のおっきい手術で、日帰り手術が可能な場合もあります。

白内障、緑内障ともに早期発見には検査が大切で、白内障は50代、緑内障に至っては40代からの検査が望ましいと言われています。
緑内障の眼底検査と眼圧検査、白内障では細隙灯顕微鏡(さいげきとうけんびきょう)検査で、緑内障と白内障の併発が分かります。http://www.ambermagic.co.uk/